アサガオ〜行燈仕立て

アサガオ〜行燈仕立て

  試験的に早めに撒いたアサガオの種1個でしたが無事に発芽し子葉が出来てきました。
 そこで今回は、行燈仕立てにしようと思います。因みにここでは理想的な作り方を紹介
 し僕の実際を記していきたいと思います



<行燈仕立て> 

 ・品種−−−青斑入りせみは系
 ・鉢 −−−素焼き、4号から仕立て7号鉢で仕上げる
 ・用土−−−赤玉土4、腐葉土4、川砂2の割合でよく混ぜたもの
 ・元肥−−−緩効性の化成肥料(NPK〜8:8:8)一掴み
 ・鉢底にガラを1/4ほど入れ用土を入れる
 ・摘心−−−苗の本葉が8〜9枚に展開したとき5枚目の葉を残し摘心します。
       その後、脇芽が伸びてきますので1,2,5枚目の脇芽を摘み取り
       3,4枚目の脇芽を残します。それらが15センチほど伸びたとき
       節間の詰まった太いツルを1本残し後の1本を摘み取り、残った
       ツルを支柱に撒きつけて開花を待ちます。

アサガオ行燈1.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。