アサガオ 数咲きづくりの仕立て

アサガオ 数咲きづくりの仕立て

 アサガオの仕立て方に数咲きづくりという仕立てがあります。
 この仕立て方は、緑のカーテンというアサガオ本来のつる性と
 言う特徴を生かすのではなく、むしろ目立たなくさせ花を重視
 した仕立てです。

 発芽し、本葉が8〜9枚になりましたら、6枚目と7枚目の間を
 摘心します。その時点で双葉と第1,2,6葉の脇芽を摘み取り第3
 4,5葉の脇芽を伸ばすようにします。

 残した子づるが10cmくらいになったときに3本の子づるを同時に
 第3葉を含めて摘み取ります。その後5〜6日で孫ツルが伸びだし
 ます。ここに蕾が付きます。

 この仕立てに向いた品種は、黄せみ葉種、黄斑入りせみ葉種など
 ですので、ちょっと吟味が必要かな?
 どんな種類も試してみるのも一考です。(僕は試し中です)

数咲き作り.jpg
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。